Volume.11 ペイントリメイク缶 こんにちは。うぶちゃんです。観葉植物と相性抜群!空き缶にペイントするだけで誰でも簡単にできちゃうおしゃれなリメ缶を作るよ☆
アサヒペンDIYサークル

どこにでもある空き缶とブリキの缶で初心者でもすぐできるリメイク缶に挑戦!
お金もあまりかからず、観葉植物をいれるとインテリアとしても使えるよ。

材料はクリエイティブカラースプレー(オレンジか黄色)、水性多用途マグカラー、アルミ缶、スポンジ、ブリキの缶、刷毛、装飾用のシール、
サンドペーパー♯240、ポリ手ぶくろ、黒の油性ペン、缶切り、ニッパー、ペンチ、キッチンハサミ、キリ、ハロウィン用の飾り、はりがね、
養生シートです。

ペンキを塗る前に、塗料の付着が良くなるように空き缶の表面をサンドペーパーで研磨します。

口の部分は缶切りで空け、下の部分はキッチンバサミなどでカットします。ケガ防止のため手袋や軍手等を着用してね!

できたら、下の部分をペンチで2回くらい折っていきます。

左:観葉植物を入れるので水抜きのため空き缶の両サイドを斜めにカットします。
右:ブリキの缶は底にキリで穴を空けましょう。

折り曲げた空き缶は水性多用途マグカラーで、ブリキの缶はスプレーで全体にムラなく塗料を塗装します。
空き缶の色は茶色や黒などを使うとジャンキーな雰囲気に、白や淡い色を使うと女性らしい柔らかな雰囲気になるよ。
ブリキの缶はハロウィン用にオレンジか黄色で塗ろう!今回はオレンジで塗ったよ。塗り終わったら乾燥させましょう。

左:ブリキの缶は油性ペンでカボチャの顔を描いていくよ。
右:アルミ缶はスポンジで色をポンポンと重ね塗り。あえてムラを付けるとジャビー加工のように見えるよ。

塗装完了。塗料が乾いたら植物を中に入れて仕上げよう。
飾り付けにブリキの缶はお化けのピック、空き缶にはシールを用意したよ。

土を入れて観葉植物を植えてあげます。
自分好みのアレンジができるし楽しいね♪

どこにでもある空き缶がこんなにオシャレに大変身。思っていたより上手にできて大満足です。
ついでに他のブリキの缶をステンシルアレンジしてみました♪卓上でも網に吊るして飾ってもインテリアとして映えてきます。

ハロウィンの時期は玄関にちょこっと置いてあげるだけで雰囲気を楽しめちゃうし緑が癒やしになるね♪

今回使用したアサヒペンの「ポリ手ぶくろ」は滑りにくい特殊エンボス加工で生地もしっかりしていて塗装にはもってこい!1袋で6枚入りと値段も納得のプライスです。ポリ手ぶくろ
アサヒペンDIYサークルTOPへ戻る
English CHINESE