塗料・家庭塗料、塗装用品、インテリア・ハウスケア用品等の製造・販売のアサヒペン

HowTo講座

水のりタイプふすま紙の貼り方

貼り方の手順

枠をはずして貼る方法(折れあいクギ式)

1.上下の枠をはずす

ふすまと枠の間にインテリアバール等をさし込んですきまをつくり、木ヅチでインテリアバール等をたたくようにして上下の枠をはずします。(上下の枠に記号をつけておいて下さい。)

2.左右の枠をはずす

左右の枠は、普通上から下へ木片を当てて木ヅチでたたくとはずれます。(逆の場合もあるのでご注意下さい。)

3.引手金具をはずす

引手には普通上下2本のクギが打ってあります。インテリアバールをさし込んでクギをゆるませてから鋲(びょう)ぬきで引き抜きます。

4.破れの補修

ふすま紙の破れは、茶チリ大穴補修紙で補修します。下地が濃い色柄の場合も茶チリを貼ります。茶チリは周囲にだけのりをつけて貼ります。

5.裁断

巻ぐせがついているので注意して広げ、ふすまの大きさよりひと回り(1cm程度ずつ)大きく裁断します。柄合わせライン付きのものは、ラインを目安に裁断します。

6.水をムラなく塗る

あらかじめ周囲がぬれないようにビニール等を敷いておき、ふすま紙の裏面にスポンジ等で水をたっぷり塗ります(約400cc程度)。紙が伸びきるまで3分位おいてから貼ると乾燥後きれいに仕上がります。

7.貼り付け-1

ふすまの上下を確かめて、四方平均に紙が余るように位置を決め、ふすま紙の上にふすまを静かにのせます。

8.貼り付け-2

ふすまを裏返して、おさえバケで中心より両側へ軽く空気を押し出すように貼ります。シワになったらその部分まではがして貼り直してください。貼り付け後のタルミは、乾燥と共に伸びて消えていきますので、表面をこすらないようにしてください。

9.カット-1
 

はみ出したふすま紙は、ふすまの側面に貼りつけます。余分な部分はカッターナイフで切り取り、クギの頭は出しておきます。カッターナイフはまめに刃を折り、手前にねかせ気味に使うとよく切れます。

10.カット-2
 

引手部分にカッターナイフで切りこみを入れます。(裏側を同時に貼らない場合は、裏側に軽く霧吹きしておくと、ふすまのソリを防止することがきます。)

11.枠及び引手金具をつける

枠の記号を確かめてから、はずした時とは逆に左右の枠を下から上へたたいてはめ込みます。次に上下の枠を打ちつけます。最後に引手をはめ込んでクギを打ちつけてください。

枠をはずさないで貼る方法

1.引手金具をはずす

(枠をはずして貼る方法と同じ)

2.破れの補修

(枠をはずして貼る方法と同じ)

3.マスキング

のりが枠につかないように、枠にマスキングテープを貼ります。

4.裁断

(枠をはずして貼る方法と同じ)

5.水をムラなく塗る

(枠をはずして貼る方法と同じ)
ふすまの周囲に、障子ふすまのりを塗っておくと更に接着効果が高まります。

6.貼り付け-1

あらかじめ周囲がぬれないようにビニール等を敷いておき、ふすま紙の裏面にスポンジ等で水をたっぷり塗ります(約400cc程度)。紙が伸びきるまで3分位おいてから貼ると乾燥後きれいに仕上がります。

7.貼り付け-2

ふすまの上下を確かめて、四方平均に紙が余るように位置を決め、ふすま紙の上にふすまを静かにのせます。

8.カット-1

枠とふすまの間をヘラできめ込み、余分な部分をカットします。カッターナイフはまめに刃を折り、手前にねかせ気味に使うとよく切れます。カットした後もう一度ヘラできめ込んでおきます。

9.カット-2

(枠をはずして貼る方法と同じ)

10.仕上げ

余分な紙とマスキングテープをはがし、引手をはめ込んでクギを打ちつけてください。

使用する道具

洗面器水つけ・のりつけスポンジおさえバケ竹ベラ木ヅチカッターナイフハサミインテリアバール(マイナスドライバーでも可)鋲抜きマスキングテープ

注意点

  • 古いふすま紙は、はがさずに2〜3枚程度迄は、貼り重ねることができます。(破れがある場合はさきに補修してから貼りつけてください。)
  • ひと通り空気を押し出した後で出来たタルミは、乾燥と共に伸びて消えていきますのであまり表面をこすらないようにしてください。
  • 使用する道具類はよごれの付着していないものをお使いください。(シミの原因になります。)

おすすめの製品

糸入りふすま紙

■再湿タイプ

鳥の子ふすま紙

■再湿タイプ

せまいふすま紙 糸入り

■再湿タイプ

よごれにくいふすま紙

■再湿タイプ

新鳥の子ふすま紙

■再湿タイプ