必ず中身を使い切ってから、火気のない屋外で行ってください。塗料が飛び散っても差し支えないところで行ってください。容器が倒れないよう平らな場所で行ってください。