塗料・家庭塗料、塗装用品、インテリア・ハウスケア用品等の製造・販売のアサヒペン

HowTo講座

アイロン貼りタイプふすま紙の貼り方

貼り方の手順

HowTo動画

「再生」ボタンをクリックすると動画が開きます。

1.引手金具をはずす
 

引手とふすまの間に鋲(びょう)ぬきのヘラ部分を差し込んで、引手を持ち上げます。出てきたクギを鋲(びょう)ぬきで引きぬいて引手をはずしてください。

2.下地の準備をする
 

貼ってあるふすま紙が、破れもなくきれいな場合はホコリなどを取り、下地の準備をしてください。
●ふすま紙が破れている場合は、茶チリ大穴補修紙で補修し、その後よく乾かしてください。
●ふすま紙の破れがひどい場合は、全てはがして大穴補修紙茶チリで下貼りし、その後よく乾かしてください。
●ビニールふすま紙や、特殊加工されたふすま紙は、ふすま紙だけをはがしてください。
●下地の準備ができたら、ふすまの枠にアイロンふすま紙がつかないように、ふすま用マスキングテープを枠全体に貼ってください。

3.アイロンの準備をする

アイロンに水を入れて、高温スチームにセットします。そして延長コードをつないでください。
きれいに仕上げるためにアイロンの底のよごれをよく拭き取ります。アイロンの底の加工がはがれている場合は、色移りすることがありますので、あて布をしてからアイロンをあててください。

4.カットと
 位置合わせ

ふすま紙の貼る位置を決めて、ふすま本体より上下左右1cmくらいずつ大きめにカットします。2枚以上貼る時は、柄の位置や高さがそろうように柄を合わせてからカットします。柄合わせラインが入っている場合はラインを目安にして柄を合わせます。

5.アイロン
  ふすま紙を貼る-1

ふすま紙の位置がズレないように注意しながら、図のように1・2・3の順にアイロンをあてます。アイロンを動かすスピードは、約90cmの長さを約10秒くらいで動かすのが目安です。アイロンを動かすスピードが速かったり、アイロンの温度が低いと、貼り付け後にフクラミができることがあります。きちんと接着させるために、アイロンはスチームが出る先が前に進むように使います。逆向きや横向きにはお使いにならないで下さい。アイロンをあてる方向を変える時は、アイロンを一度持ち上げて使います。

5.アイロン
  ふすま紙を貼る-2

次にAの部分を中央の★印の位置から矢印の方向にイ・ロ・ハの順に枠までアイロンをあてていきます。アイロンのあて残しを防ぐために、イ・ロ・ハはアイロンの幅の半分位ずつ重なるようにアイロンをあてていきます。同様にB、C、Dの部分にもアイロンをあてます。アイロンを強く押さえすぎると、ふすまの骨組みのあとが残ることがあります。できるだけアイロンの重みで動かすつもりでアイロンをあててください。

6-1.余分な部分を
   カットする

アイロンふすま紙をふすまの枠にきちんときめ込むために、あらかじめふすま紙の四隅(すみ)に斜めに切り込みを入れておきます。

6-2

ふすまの周囲にアイロンをあてた後、図のようにアイロンのヘリを使ってふすまの周囲を決め込みます。最後に定規などをあてながら余分な部分を切り取ります。この時、下地のふすま紙を切らないように、注意しながら切ります。カッターナイフの刃をこまめに折って使います。

7-1.仕上げ

仕上げに周囲にもう一度アイロンをあてます。
カットした部分は特に念入りにアイロンをあてます。

7-2

次に引き手部分にカッターナイフで切りこみを入れて、引き手をはめ込みます。ポンチなどをあてがいながら引き手をクギを打ち込みます。最後にマスキングテープをはがしてください。

7-3

アイロンのあて残しなどでフクラミができた時は、その部分にもう一度高温のスチームアイロンをあてた後、高温のドライアイロンをあててください。下地処理が不充分なためにできたフクラミや、作業上できたシワは手直ししても直らないことがあります。

次の貼り替えについて

ふすま紙はおよそ2〜3枚は上に貼り重ねることができます。ふすまの枠と同じ位 の厚みまでが貼り重ねの目安です。古いアイロンふすま紙をはがす時は、古いふすま紙のはしから高温スチームアイロンをあてながら、ふすま紙が熱いうちにゆっくりはがしてください。 下地がきれいになっているか確認をしてから、新しいふすま紙を貼ってください。

使用する道具

スチームアイロン延長コード(2m位)ふすま用マスキングテープハサミ鋲ぬき(マイナスドライバーでも可)カッターナイフカット定規木ヅチ・ポンチなど

注意点

  • 換気をよくして作業を行ってください。
  • スチームアイロン以外のアイロンは使用しないでください。
  • 高温のスチームアイロンを使いますので、取り扱いには充分にご注意してください。
  • 作業終了後は手を水で洗い、クリームなどでのお手入れをしてください。
  • 用途以外には使用しないでください。

おすすめの製品

アイロン貼りうらばり紙 和紙タイプ

■アイロン貼りタイプ