塗料・家庭塗料、塗装用品、インテリア・ハウスケア用品等の製造・販売のアサヒペン

HowTo講座

粘着タイプふすま紙の貼り方

貼り方の手順

HowTo動画

「再生」ボタンをクリックすると動画が開きます。

1.引手金具をはずす
 

マイナスドライバーでクギを起こして、鋲(びょう)ぬきでクギを抜き、引手をはずします。

2.破れ、はがれの補修

ふすま紙が破れている場合は、茶チリ大穴補修紙等で補修し、充分乾燥させます。枠にふすま紙が接着しないように、枠の内側にマスキングテープを必ず貼っておきます。

3.裁断と位置合わせ
 

水平に置いたふすまの上に粘着ふすま紙を置き、貼る位置を決め、印をつけておきます。このとき、あらかじめ貼る部分より上下左右1cm位ずつ大きめに裁断しておくと位置合わせが簡単です。

4.下地調整
 

ふすま表面のほこりやよごれを取り除きます。ふすまを壁などに天地逆さに立てかけます。

5.仮止め

柄の天地を確認して、地の方から裏紙を10cmほど折り返して、ゆがみがないかを確認しながら、あらかじめつけておいた印に合わせて上の枠に軽く仮止めします。

6.貼りつけ

貼る位置が決まったら、まず、上部を横一文字に貼ります。次に、※裏紙を20cmほどはがし、おさえハケを使って中央部分より、上から下へ空気を押し出すように、ゆっくりとていねいに貼ります。きれいに貼れたら、くり返し貼っていきます

7.カット

下まで貼りつけたら、もう一度おさえハケで全体をしっかりと圧着します。次に、ふすま本体を寝かせて置き、紙を垂直に起こしながら、竹ベラを使って枠に沿ってふすま紙の周囲を決め込み、カッターナイフを使って周囲の余分な部分を切り取ります。

8.仕上げ

仕上げにおさえローラーを使って周囲をしっかりと圧着します。引手部分にカッターナイフで切りこみを入れ、引手をとりつけます。

汚れの種類と拭き取り方

汚れの種類 拭き取り方(例)
しょうゆ、コーヒー、水性ペン 水または中性洗剤
油性マジック、ボールペン アルコール
クレヨン 消しゴム

注1)汚れの種類によっては充分ふきとれないものがあります。
注2)ふすま紙の表面を傷つけたりすると、汚れ防止効果が低下します。

使用する道具

マスキングテープカッターナイフおさえバケおさえローラー鋲ぬき(マイナスドライバーでも可)竹ベラ金槌

注意点

  • 古いビニールふすまの上に貼る場合は、表面のビニール層をはがしてから貼ってください。
  • 撥水加工がしてあるふすまの上に貼る場合は、ふすま紙をはがしてから作業してください。
  • ふすま紙、枠を傷めないために、枠にマスキングテープを貼ってから作業してください。。
  • 貼り直しをしますと接着力が低下したり、ふすま紙を破損することがありますので、一度で貼れるよう貼る位置を きめてから貼ってください。
  • 下地に凹凸がある場合は、きれいに仕上がらないことがあります。
  • 万が一はがれ、めくれが生じた場合は、木工用ボンドで補修してください。
  • 同一商品の貼り替え時は、表面層をはがしてから貼ってください。

おすすめの製品

表面強化粘着ふすま紙

■引っかき傷に強い<ペット共生対応品>