塗料・家庭塗料、塗装用品、インテリア・ハウスケア用品等の製造・販売のアサヒペン

HowTo講座

ふすま紙の基礎知識

紙の種類による分類施工方法による分類ふすまの構造・種類と特徴

紙の種類による分類

和紙襖紙
  • 本鳥の子
    いわれは色合いが鳥の卵の淡い黄色に似ていることから鳥の子と呼ばれている伝統的な手漉き和紙です。本来は雁皮紙をさしました。
  • 新鳥の子
    再生紙を用いて製紙から印刷迄機械で生産された和紙です。当社の鳥の子、カラー襖等はこれに該当します。
  • その他
    漉き模様をつけたもの、越前和紙等です。
織物襖
  • 普及品
    スフ糸等合成繊維を使用したものです。当社の新紗織り、麻織り風等はこれに該当します。
  • 高級品
    天然素材(麻、絹、木綿、屑等)を使用したものです。

DIYふすま紙の施工方法による分類

再湿糊タイプ 裏面に水で溶解する糊が付いています。水をつけて糊を戻してから貼ります。
切手タイプ
アイロン貼りタイプ 裏面に感熱接着剤が付いています。スチームアイロンの熱で融かして接着させます。
粘着タイプ 裏面に粘着剤が付いており、この粘着剤の粘着力で接着します。裏紙をはがしながら貼ります。
ステッカータイプ

ふすまの構造・種類と特徴

本ふすま(組子ふすま) 従来からあるふすまです。組子の上に何重か重ねて貼って仕上げます。伝統的に使用されてきました。
  • ソリやねじれに強い。
  • 貼り替えの即応性がある。
  • 通気性がある。
  • 量産ができない。
などの特徴があります。
板ふすま 組子にベニヤ板が貼ってあります。洋室と和室の仕切りに使われている場合が多いです。
  • 丈夫である。
  • 重量がある。
  • 枠がはずせない。
などの特徴があります。
発泡プラスチックふすま 芯材としてプラスチックの発砲体を用いています。最近の住宅に多く使用されています。
  • 軽量で、量産ができる。
  • コストが安い。
  • 枠がはずせない。
  • 貼り替えに難点がある。
  • 強度が弱い。
などの特徴があります。
ダンボールふすま 芯材としてダンボールを用いています。最近の住宅に多く使用されています。
  • 軽量で、量産ができる。
  • コストが安い。
  • 枠がはずせない。
  • 貼り替えに難点がある。
  • 強度が弱い。
などの特徴があります。

ふすまの構造・種類

●ふすまの構造