塗料・家庭塗料、塗装用品、インテリア・ハウスケア用品等の製造・販売のアサヒペン

HowTo講座

粘着タイプ:パネルタイプ(天井)カベ紙の貼り方

用途

貼れる面 ビニールカベ紙、紙カベ紙、ベニヤ板、しっくい壁、ツヤ消し塗装面、ツヤあり塗装面、化粧合板
<ツヤあり塗装面・化粧合板に貼る場合>
化粧合板用サンダーかサンドペーパー(#180〜280)で表面を荒らして、密着を良くします。削りカスをきれいに拭きとってから、パネルカベ紙を貼ってください。
貼れない面 布カベ紙、天井用化粧石膏ボード(ジプトーンなど)、土壁、砂壁、繊維壁、浴室、屋外
アサヒペン「キュータック」カベ紙の上には貼れません。

貼り方の手順

裏紙の矢印が同じ方向になるように、向きをそろえて貼ってください。

1.下地調整

貼る面のホコリや汚れをきれいに拭き取ります。油で汚れた面は、油よごれおとし洗剤できれいに拭き取り、その後よく乾かします。
※ 貼る面のカベ紙が著しく油で汚れている場合は、貼る面のカベ紙をはがします。

ミゾや段差・凹凸がある場合

  1. あらかじめ穴うめ下地パテでミゾや段差・凹凸をなくします。

※ ミゾや段差・凹凸が大きい時は、パテうめ用メッシュテープを使ってパテ埋めをすると、スムーズにできます。

  1. 穴うめ下地パテが乾いたら、サンドペーパー(#180〜280)で穴うめ下地パテの表面を平らに仕上げます。

●下地が汚れていると粘着力が低下します。
●濃い色柄のカベ紙の上に貼った場合は、下地の色が少し透けて見えることがあります。
●下地の凹凸の程度により、パネルカベ紙の表面に下地の凹凸が現れることがあります。

2.割り付け

  1. 天井の四辺全ての長さを測ります。
  2. 天井の図を描いて、パネルカベ紙をどのように割り付けるかを決めます。

※ 貼り方の例としては、図イ、ロのような方法があります。

  1. 縦方向、横方向に何枚パネルカベ紙が必要かを求めます。
  2. 天井の四辺の端部に貼るパネルカベ紙の端数の長さを求めておきます。

● 左右両端の端数は均等にします。
● 端数はできるだけ大きくするときれいに見えます。

  1. パネルカベ紙のサイズ別に必要な枚数を求めます。

● パネルカベ紙は32センチですが、目地(約5ミリ幅)を重ねて貼っていきますので、パネルカベ紙の一辺の長さは31.5センチとして計算してください。

天井に中心線を引いて貼る方法

  1. 天井の長手方向に中心線を引いて、これを基準にパネルカベ紙を割り付けます。

※ パネルカベ紙の必要枚数とサイズは、割り付けの計算例を参考にしてください。
※ パネルカベ紙の中心を中心線に合わせて貼る方法と中心線にそわせて貼る方法があります。

  1. 上図のように、押しピンで糸を固定して、長手方向に中心線を求め、線を引きます。
  2. あらかじめ割り付けたようにして貼っていきます。

照明器具などの位置を基準にして、基準線を引き、貼る方法もあります。

3.1枚目を貼る(裏紙の矢印が同じ方向になるように、向きをそろえて貼ってください。)

裏紙を約2〜3センチはがして、裏紙を折り返します。パネルカベ紙を貼る位置に合わせます。位置が合ったら、はがした部分を軽く押さえて接着させます。

次に裏紙を少しずつはがしながら、おさえヘラを使って圧着します。パネルカベ紙の周囲は、おさえローラーで押さえます。
● 作業中、パネルカベ紙が目に触れないようにご注意ください。
● 何度も貼り直しをしますと、充分に接着しないことがあります。

4.2枚目を貼る

1枚目の目地に2枚目の目地を重ねるようにして貼ります。重ね合わせた目地はおさえローラーでしっかりと押さえます。

2枚目以降は、縦方向と横方向の重ね合わせを注意して貼っていきます。

 

2枚目以降少しズレてきたら、重ね合わせる目地の割合を調整して貼っていきます。

5.仕上げのカット

コーナー部分をおさえヘラでよく押さえてきめ込みます。余分な部分はカット定規をあてて、カッターナイフで切り取ります。
※ カッターナイフは、常に新しい刃先を使うようにして、少しねかせ気味に使うのがポイントです。
※ カッターナイフや道具を顔や身体に落とさないように注意してください。

化粧合板・ツヤあり塗装面に貼る時

化粧合板用サンダーかサンドペーパー(#180〜280)で表面 を荒らして、密着を良くします。削りカスをきれいに拭きとってから、カベ紙を貼ります。

使用する道具

おさえヘラ押しピン脚立おさえローラーカッターナイフ糸カット定規

必要枚数の目安

4.5畳 6畳 8畳
約 81枚 約108枚 約144枚

注意点

  • 天井へのパネルカベ紙貼りは、高所で作業しますので、脚立やふみ台は平らな床面に置き、足元をしっかりと安定させてから作業を行ってください。
  • 不安定なイス・テーブルなどや老朽化した脚立・ふみ台での作業は、危険ですので使用しないでください。
  • 慣れない姿勢での作業となりますので、無理をせずに、休憩をとりながら作業をしてください。
  • 気分が悪くなったり、首、肩、腰などに負担を感じたら、作業を中断してください。
  • 顔や身体に落としてケガをしないように、道具の取り扱いに十分注意してください。

おすすめの製品

天井用パネルカベ紙

■粘着タイプ