塗料・家庭塗料、塗装用品、インテリア・ハウスケア用品等の製造・販売のアサヒペン

HowTo講座

粘着タイプカベ紙の貼り方

用途

貼れる面 ビニールカベ紙、紙カベ紙、ベニヤ板、 化粧合板、しっくい壁、ツヤあり塗装面、 ツヤ消し塗装面
貼れない面 布カベ紙、土壁、砂壁、繊維壁、天井、 浴室、屋外
アサヒペン「キュータック」カベ紙の上には貼れません。

貼り方の手順

1.貼る前の準備

古いカベ紙の表面についたホコリやよごれを、きれいに拭き取ります。古いカベ紙がめくれている部分は、 カベ紙用補修のりで補修しておきます。

2.垂直線をひく

カベ面に垂直線をひいておくと、カベ紙をまっすぐに貼ることができます。カベ紙を貼り始める片方の端の位 置に、おもりをつけた糸を吊り下げて垂直線を出します。糸に沿ってえんぴつなどで垂直線を引きます。

3.カベ紙をカットする

カベ紙を、貼る面の長さよりも上下とも2〜3cm位 長く切ります。

4.仮止め

裏紙を20cm位はがして、垂直線に合わせて貼る位 置を決め、仮止めします。

5.1枚目のカベ紙を貼る

貼る位置を確認した後、裏紙を50cm位 ずつはがしながら、最初は、おさえヘラで中心より両側へ空気を押し出すようにして、軽く押さえていきます。シワになったらその部分まではがして貼り直します。貼り終えたら全体をもう一度、おさえヘラでしっかりと押さえて貼ります。

6.コーナー仕上げ

コーナー部分は竹ベラなどできめ込み、 カット定規をあてながら、良く切れるカッターナイフで切り取ります。カッターナイフは、常に新しい刃先を使うようにして、少しねかせ気味に使います。

7.2枚目のカベ紙を貼る

〈重ねつき付け貼り〉の場合
2枚目のカベ紙は1枚目のカベ紙に2〜3cm重ねて貼ります。柄がある場合は、柄を合わせながら貼ります。重ねたカベ紙の中央部に カット定規をあてながら、カッターナイフでカベ紙上・下2枚を一緒に切ります。次に、カットした上・下の余分なカベ紙とカベ紙の裏に残ったジョイントテープを取り除きます。

〈つき付け貼り〉の場合
2枚目のカベ紙は1枚目のカベ紙にすき間ができないようにつき付けて貼ります。柄がある場合は、柄を合わせながら貼ります。そして、すき間が開いていないことを確認し、左右のジョイントテープを取り除きます。

〈重ね貼り〉の場合
2枚目のカベ紙は、1枚目のカベ紙に2〜3cm重ねて貼ります。柄がある場合は、柄を合わせながら貼ります。

8.仕上げ

継ぎ目の部分やコーナー部分をおさえローラーでローラーがけをして、下地にしっかりと密着させます。

カッターナイフで大きめに切り込みを入れてカベ紙を差し込み、竹ベラなどできめ込んでから、カッターナイフで余分な紙を切り取ります。
●切りこみを入れた部分は、裂けやすいので取り扱いに注意して下さい。

元電源スイッチを切ってください。コンセントカバーをはずしてからカベ紙を貼ります。次にカッターナイフで切れ込みを入れ、余分なカベ紙を切り取ります。カバーとのすき間があかないように、カベ紙はひとまわり小さくなるよう切り取ります。最後にはずしたカバーを元の位置に取り付けます。

化粧合板・ツヤあり塗装面に貼る時

化粧合板用サンダーかサンドペーパー(#180〜280)で表面 を荒らして、密着を良くします。削りカスをきれいに拭きとってから、カベ紙を貼ります。
●下地の凹凸の程度により、カベ紙の表面 に下地の凹凸が現れることがあります。
●濃い色柄のカベ紙の上に貼った場合は、下地の色が少し透けて見えることがあります。

使用する道具

おさえヘラカット定規竹ベラおさえローラーメジャーカッターナイフハサミ糸と5円玉などのおもり

必要m数の目安

一般的トイレ 4.5畳 6畳 8畳
約 15m 約 25m 約 30m 約 35m

注意点

  • 換気をよくして作業を行ってください。
  • 下地がよごれていますと粘着力が低下します。
  • 何度も塗り直しますと粘着不良をおこすことがあります。
  • 作業終了時後は手を水で洗い、クリームなどでお手入れをしてください。
  • 用途以外に使用しないでください。

おすすめの製品

補修用 カベ紙

■粘着タイプ

天井用パネルカベ紙

■粘着タイプ