塗料・家庭塗料、塗装用品、インテリア・ハウスケア用品等の製造・販売のアサヒペン

HowTo講座

のり貼りタイプ障子紙の貼り方

貼り方の手順

HowTo動画

「再生」ボタンをクリックすると動画が開きます。

古い障子紙のはがし方

水を含ませたタオルで、古い障子紙の上から桟をぬらします。3分〜5分位してから、ゆっくりとはがしてください。障子紙をはがしたら、桟全体についている古いのりをきれいに拭きとり、充分乾かしてください。

貼り方

  • 本品は貼り方の説明どおりに貼りますと、紙の滑らかな面が部屋の外側になるように巻いています。
  • 添付の粉末のり以外にも障子・ふすまのり・ワンタッチ障子のりも使用できます。

1.

添付のり(粉末のり)をのり袋の使用方法どおりにとかしてください。または障子用のりをとかして用意してください。

2.

障子を平らな面におきます。紙の位置を決めてください。決まったら上桟にテープで手前1ヵ所(1)を固定します。紙を障子の1/3〜2/3までころがして障子紙と障子が平行になるようにします。平行になったら中央と向こう側2ヵ所(2)(3)をテープで仮止めします。紙を巻き戻してのりをつける準備をします。

3.

前もってとかしておいたのりをのりバケで桟全体に軽くたたくようにつけます。

4.

紙をゆっくりところがして全面に貼ります。貼り終わったら桟の上を軽く押さえて接着させます。紙の巻きグセが強くて、接着がしにくい場合は、ドライヤーで軽く熱をあてると巻きグセが直ります。

5.

仮止めテープをとってから、カット定規をあて余分な紙をカッターナイフなどで切りとります。よく切れるカッターナイフで刃先を15°〜20°位にたおして切るとよく切れます。

使用する道具

添付のりまたは障子用のりのりばけバケツタオルのりを入れる容器カッターナイフカット定規テープ

貼れる面積の目安

商品サイズ
幅 × 長さ
   
69cm×3.6m 腰板なし障子 2枚分
69cm×7.2m 腰板なし障子 4枚分
94cm×3.6m 腰板なし障子 2枚分
94cm×7.2m 腰板なし障子 4枚分
94cm×15m 腰板なし障子 8枚分
94cm×30m 腰板なし障子 16枚分
25cm×22.5m(半紙判) 94cm幅の腰板つき障子6段 4枚分
28cm×18.8m(美濃判) 94cm幅の腰板つき障子5段 4枚分

(注:「半紙判」・「美濃判」は地域によって幅が異なる場合があります)

注意点

  • 換気をよくして作業を行ってください。
  • 貼り終わった後、たるみが著しい時は、必ずのりがよく乾いてから、障子紙全体に薄く均等に霧吹きしてください。口や手での水打ちはしないでください。
  • 障子枠は、木の種類や年月によってのりをつけるとアクが出ることがあります。この場合、障子枠を水でよく洗い、ワンタッチヤニ・アク止め障子のりをご使用ください。
  • 作業中のりが、手や衣服等についたら、すぐに水洗いするか拭き取ってください。
  • 作業終了後は手を水で洗い、クリームなどでのお手入れをしてください。

おすすめの製品

丈夫で麻入障子紙

■半紙判、美濃判、1枚貼り ■強さ3倍、麻入

彩光障子紙

■半紙判、美濃判、1枚貼り

広巾 障子紙

■1枚貼り

和紙漉き破れにくい障子紙

■1枚貼り ■強さ4倍、UV加工約90%カット

厚口上撰障子紙

■強さ3倍