塗料・家庭塗料、塗装用品、インテリア・ハウスケア用品等の製造・販売のアサヒペン

HowTo講座

障子紙の基礎知識

おもな材料障子紙のサイズ施工方法による分類

おもな材料

パルプ 木材片を砕いて繊維を取り出したものです。障子紙の主たる材料になっています。
レーヨン 合成繊維。人絹とも呼ばれています。
ビニロン 綿に近い性質です。
その他 麻、楮、三椏、ポリエステルなどです。

障子紙のサイズ

一枚貼り 幅が94cmのものです。長さは3.6〜7.2m、障子枠2〜4枚分のものが多いです。 その他に69cm幅のもの、最近では135cm幅のものもあります。
美濃判 当社品のサイズは28cm×18.8m。
但し、地方によっては美濃判で27.2cm〜30.3cm、
半紙判で24. 2cm〜26.6cmの場合があります。
半紙判 当社品のサイズは25cm×22.5m
その他 地方特有のサイズのものです。

※昔の紙のサイズは、これらよりも小さかった。紙は桟と桟の間で継ぎ目が見えるように継ぎ足しながら貼っていました。
今でも茶室などではこのような貼り方が残っています。

施工方法による分類

糊貼りタイプ 昔からの貼り方です。桟にハケでのりを付けて貼っていきます。のりの付け方に慣れが必要です。
アイロン貼りタイプ アイロンの熱で接着します。片面にアイロンの熱で融ける樹脂が付いています。