HowTo講座

塗料の塗り方 トタン屋根

塗料を塗る場所・材質
トタン屋根・庇(ひさし)

診断 メンテナンス時期

  • 未塗装面の光沢がなくなり、サビが発生した
  • 塗装面のツヤがなく色あせ、粉っぽくなっている
  • 古い塗料がはがれたり、はがれかかっている

塗装 作業手順

HowTo動画

1. 下地調整、養生、下塗り

塗装されていないトタン板(一般的にトタンの塗装はツヤがなくなってからといわれています)・サビたトタン板の場合
  • ・塗る面の汚れ・ホコリ・カビを取り、油分やワックスは、ペイントうすめ液で拭いてよく落とします。
    ・サビたトタンは、ワイヤーブラシ・サンドペーパーでサビを落とします。

  • ひび割れやすきまなどは、あらかじめコーキング剤・シーリング剤・セメントなどで補修しておきます。

  • 塗料がついては困るところは、あらかじめマスキングテープでおおっておきます。

  • サビを落としたところは、トタン用塗料を下塗りしておきます。

カラートタン板
  • 塗る面の汚れ(油分、ホコリ、カビ等)を取ります。
    塗膜がはがれかかった古い塗料やサビは、皮スキワイヤーブラシ、サンドペーパーでよく落としておきます。
    何度も塗り替えられて塗膜が幾重にも重なっている場合は、最下層の密着力低下によるハクリを起こす場合がありますので、特に念入りに劣化した塗膜を取り除いてください。
    粉っぽくなった旧塗膜はペイントうすめ液でよく拭いておきます。

  • ひび割れやすきまなどは、あらかじめコーキング剤・シーリング剤・セメントなどで補修しておきます。

  • 塗料がついては困るところは、あらかじめマスキングテープでおおっておきます。

  • サビ落しをしたところは、トタン用塗料を下塗りしておきます。

2. 塗り方

  • 塗料は、棒などで容器の底までよくかき混ぜて均一にします。(キャップを開ける前に、缶をさかさにして充分振り動かせば、よく混ざります。)塗りにくいときは、その塗料に適したうすめ液(5%以内)を入れてよくかきまぜます。

  • 屋根の端、瓦棒の折り曲げた部分や、付け根などには予めトタン用塗料を補強塗りしておきます。塗り方は、図のように上から下へ塗っていき、逃げ場を考えて塗ります。

  • 広い面はローラーバケやコテバケを活用すると能率的です。ペイントスプレーヤーを使うこともできますが、風のない日を選び、植木や自動車などに塗料が飛散しないよう、養生には十分注意する必要があります。

  • 塗り終り、塗料が手につかなくなったらマスキングテープを取り除きます。

3. あとしまつ

塗料のあとしまつ

塗装終了後はただちに塗装用具に付いている塗料をヘラや新聞紙に塗りつけて落とし、水性なら水、油性ならペイントうすめ液で下洗いします。その後、中性洗剤で洗います。ハケ洗い液を用いると中性洗剤で洗う必要はないので、なお便利です。
なお、洗浄中は手袋を着用して、手荒れを防ぎましょう。洗い終わったハケは陰干します。
使い残した塗料はしっかりフタをして保存します。やむを得ず残った塗料を捨てるときは「水性・油性兼用塗料固化材」で固化するか、新聞紙等に塗り広げ、乾かしてから可燃ゴミとして処分してください。

pagetop