Volume.42 ラッピングハーバリウム&ウォールシェルフ
ラッピングハーバリウム&
ウォールシェルフ
材料
・クリエイティブカラースプレー
(お好みの色)
・メタリックスプレー(お好みの色)
・油性ナチュラルウッド(お好みの色)
・ハーバリウムキット ・木板
・装飾用シール ・釘
・刷毛 ・木工用接着剤
・装飾用リボン ・金槌
・ステンシル台紙 ・サンドペーパー
・布コロナマスカー ・軍手
・ラインストーン ・ポリ手袋
私物

やっほ~!いぐちゃんだよ!
今回は、流行中のハーバリウム
をオリジナル装飾していきます!
壁に飾る棚を作って、インテリア
にしたり、誰かにプレゼント
したり…楽しみです!
それじゃあLet’s DIY!!

あ!いぐちゃん、これってもしかしてハーバリウム?最近、周りの子が、作ったオシャレなハーバリウムをSNSにアップしてるから私も挑戦してみたかったんだ!と、きしもん。ということで今回は、アサヒペンの商品を使って、ハーバリウムにオリジナル装飾をしていくよ!
どんな風に仕上がるのか、今から楽しみです!

材料はコチラ!油性ナチュラルウッド(透明(クリヤ))、クリエイティブカラースプレー(マットホワイト)、メタリックスプレー(ゴールド)、刷毛、木板(ヨコ150mm×タテ300mm×厚10mm、ヨコ150mm×タテ180×厚10mm)各2枚、ハーバリウムキット(ガラス瓶、花材、はさみ、ハーバリウムオイル、調整用串)、装飾用リボン、装飾用シール、ステンシル台紙、布コロナマスカー、ラインストーン、釘(25mm)、木工用接着剤、金槌、サンドペーパー、軍手、ポリ手袋です。

まず瓶の蓋を、メタリックスプレーのゴールドを塗装します。

ハーバリウムを作っていこう。出来上がりを想像しながら、ボトルと花材の組み合わせを考えます。
丸型のボトルって個性があってすっごく可愛いね。あ!お花だけじゃなくて、ドライフルーツやシナモンもあるんだ!
イメージに合わせてカットしたら、準備完了!

串やピンセットを使って、バランスをみながら花材をガラス瓶に入れよう。木の実や茎、葉ものは浮きやすいから、下の方に入れてあげると、浮いてしまってバランスが崩れることがないよ。360°満遍なく綺麗に配置できていることを確認しよう。(左図)
花材をレイアウトしたら、ハーバリウムオイルを注ぎます。オイルが入ったら、不純物が入らないように蓋を素早く閉めてね。(右図)

瓶の本体には、ステンシル台紙と、アサヒペンの『クリエイティブカラースプレー(マットホワイト)』を使って、ステンシルをしてみたよ♪ステンシルしたくない場所には、『布コロナマスカー』を使って保護をすることを忘れないようにね!

塗装が乾いたら装飾を考えよう!この瓶の花材はカラフルで可愛いから、装飾も派手にしちゃおうか!瓶の蓋に、
シールタイプのラインストーンをつけて…

左のドロップ型の瓶には、落ち着いた色の葉や花を入れました。装飾はシンプルにシールを貼ってみたよ♪
真ん中の丸型の瓶にはドライフルーツやシナモンを入れて、リボンを使ってボリュームのある装飾にしてみました。
どうかな?!3本とも、とっても良い感じに仕上がったよ!

ハーバリウムが出来上がったら、一旦休憩~♪
このハーバリウム、友達の誕生日にプレゼントしたいと思ってるんだ♪と、きしもん。
すごくいいね!こだわりが詰まってるし、きっと喜んでもらえるんじゃないかな?

休憩が終わったら、飾りつけ用のウォールシェルフを作っていくよ!
ヤスリがけした木板(ヨコ150mm×タテ300mm×厚10mm、ヨコ150mm×タテ180×厚10mm)を各2枚ずつ用意したら、四角の枠に
なるように組み合わせ、木工用接着剤で仮止めし、乾燥させます。(組み立て図参考)

木工用接着剤が乾燥したら、アサヒペンの『油性ナチュラルウッド(透明(クリヤ))』を塗装します。

先ほどの塗装が乾燥したら、最後に釘(25mm)を8箇所打ち込み完成です!(組み立て図参考)

先ほど作ったウォールシェルフにハーバリウムを並べてみました☆
壁に飾れば、木漏れ日と、ハーバリウムのインテリアがとっても素敵な空間を演出してくれます!
今回、ウォールシェルフの取り付けには、石膏ボード用専用の取り付け器具を使用したよ!

プレゼントにも!
ハーバリウムの装飾も、プレゼントのラッピングも、どちらにもこだわったら特別感満載♪
メッセージカードなんかも添えて、ぜひぜひ大切なお友達や家族にプレゼントしてみてね~!

いかがでしたか。今回使用したアサヒペンの
「油性 ナチュラルウッド」
自然にも人にもやさしい塗料です。
木目を生かした着色仕上げができて、森林浴・
アロマテラピー効果があるから、
春のDIYにぴったりだね!
油性
ナチュラル
ウッド

詳しくはこちら
アサヒペンDIYサークルTOPへ戻る

pagetop