油性塗料

油性シルバーペイント
鉄部用NEW

屋内外の鉄部・鉄製品に。塩害・サビに強い。
ガルバリウム鋼板・トタンべい・アルミ建材・ステンレス製品にも塗れる!

  • 油性塗料
  • 金属
  • 屋内外用
  • ツヤあり
  • 1回塗り

特長

●たいへん塗りやすく、1回塗りで仕上がります。
●塩害に強く、強力サビドメ剤を配合していますので、サビの発生を防ぎ、長期間鉄部・鉄製品を守ります。
●日光や雨に強く、美しい銀光沢の合成樹脂塗料です。
●光や太陽熱を反射するアルミニウムペイントです。
●消防法上の非危険物(指定可燃物)。

用途

適した場所

屋内外区分:屋内外用

扉・門扉・フェンス・シャッター・パイプ・機械器具・農機具など屋内外の鉄部・鉄製品(食器などの直接口に触れるものや玩具など誤って口に入れる恐れがあるもの、常時水につかるところや床、手や衣服が触れるところ、車のマフラーなど耐熱性が必要なところには適しません)

【塗装方法】
①はがれかかった古い塗膜やサビは、皮スキ・ワイヤーブラシ・サンドペーパーなどを使用して充分に取り除きます。
塗る面のゴミや汚れ・カビを取り、充分に乾かします。油分やワックスはペイントうすめ液で拭いてよく落とします。
②塗料がついては困るところは、あらかじめマスキングテープなどでおおいます。
フタを開ける前に容器ごとよく振り混ぜます。
③フタに手をそえて、フタと容器の間にマイナスドライバーなどを差し込んで開け、棒などで塗料を底から充分にかき混ぜて均一にします。
温度の上昇により、フタが勢いよく開くことがありますのでご注意下さい。
④うすめずにそのまま塗ります。
コーナーや塗りにくいところは先にすじかいバケで塗ります。広い面積の部分はコテバケ・ローラーバケ・平バケなどを使うと、速く、楽に塗ることができます。
マスキングテープは、塗料が手につかなくなったらはがします。
※表記の乾燥時間は半硬化(指で軽くこすって跡がつかない状態)の時間です。

標準塗り回数

1回塗り

光沢

ツヤあり

塗膜の仕上がり

特殊仕上げ(シルバー調)

注意事項

●表示の用途以外には使用しないで下さい。
●火気のあるところでは塗らないで下さい。
●体調の悪いときやアレルギー・化学物質に敏感な人は使用しないで下さい。
●取扱い中は必要に応じてマスクや保護メガネ、手袋(ポリ手袋など塗料が浸透しないもの)を使用して下さい。炎症を起こす恐れがありますので、皮膚に触れないようにして下さい。また、蒸気を吸い込んだり、目に入らないように注意して下さい。
●有機溶剤が含まれているので、塗装中・乾燥中ともによく換気して下さい。
●塗料がついても支障がない服装で作業して下さい。
●塗装は雨の降りそうな日や湿度の高い日は避け、天気のよい日に塗って下さい。
●あらかじめ目立たない部分で試し塗りをして、色・乾燥性・下地への影響・密着性などを確かめてから塗装して下さい。
●塗り面積・乾燥時間は、素材・塗り方・気象条件の違いにより多少異なります。
●塗り重ねる場合は、夏期1日以上、冬期2日以上乾かしてから塗って下さい。乾燥が不充分な場合、塗膜がシワ状に浮き上がることがあります。
●使用中に水が混入しないようにして下さい。誤って混入してしまった塗料は廃棄して下さい。
●乾燥後も塗膜をこすると色落ちします。塗膜に触れたりして手や衣服に銀粉がつかないように注意して下さい。
●容器は塗料を使い切ってから捨てて下さい。
●やむをえず塗料を捨てるときは、アサヒペン水性・油性兼用塗料固化剤で固化するか、新聞紙などに塗り広げ、完全に乾かしてから一般ゴミとして処分して下さい。
●塗料を移し替える場合は金属などの溶けない容器をご使用下さい。
●容器を落下させると、中身が漏れることがありますので取扱いに注意して下さい。

続きを見る

規格

ラインナップ

1/5L、0.7L、1.6L

塗り面積

規格【1回塗り】
1/5L2.9〜3.4㎡(タタミ1.8~2.1枚分)
0.7L10~12㎡(タタミ6~7.2枚分)
1.6L23~26㎡(タタミ14~16枚分)

色見本

1色
シルバー

色見本

塗料タイプ

アルミニウムペイント説明

うすめ方

うすめずそのまま塗ってください。

乾燥時間

夏期/3~5時間 冬期/6~10時間
●塗り重ね時間の目安: 夏期/1日以上 冬期/2日以上

用具の手入れ

塗料が乾かないうちに、ペイントうすめ液かハケ洗い液で洗って下さい。ハケについている塗料を新聞紙などでしごき取ってから洗えば、うすめ液は少量ですみます。

関連製品

SDS(安全データシート)

Download

※掲載製品は、予告なく製品の仕様・デザイン等を変更することがありますので、ご了承ください。

pagetop