水性塗料

水性ブロックステインNEW

ブロック塀をムラなく着色

  • 水性塗料
  • カベ面
  • 屋内外用
  • 半ツヤ
  • 2回塗り
  • 防カビ
  • 防藻

特長

●ブロック、モルタル、レンガ、スレートの下地を生かし、ムラになりにくくきれいに仕上げることができます。
●水性ですからニオイが少なく、取扱いが簡単です。
●日光や雨に強く耐候性が優れています。
●防カビ剤、防藻剤の配合により、カビ・藻(モ)・コケの発生を防ぎます。
●厚塗りしてもタレにくく、たいへん塗りやすい塗料です。

用途

適した場所

屋内外区分:屋内外用

●屋内外のブロック、モルタル、ブロックレンガの壁面、塀、花壇、造作物など。

標準塗り回数

2回塗り

光沢

半ツヤ

塗膜の仕上がり

半透明

注意事項

●絶えず水がかかったり水につかるところや、いつも湿っているところ、また床面・屋根には適しません。
●他の塗料が塗装されている箇所には使用できません。
●濃色の素材や赤レンガなどに塗装する場合、塗料の色目によっては隠蔽性が損なわれ、仕上がりに影響を及ぼすことがあります。
●塗料が浸透しにくい高密度のコンクリート面や気密性の高い素材には使用できません。

続きを見る

規格

ラインナップ

500ml、2L、5L

塗り面積

●吸い込みの少ない面500ml2.0~3.4㎡(タタミ1.2〜2.0枚)
2L8.0~13.6㎡(タタミ4.8〜8.0枚)
5L20~34㎡(タタミ12〜20枚)
●吸い込みの多い面500ml1.4~2.0㎡(タタミ0.8〜1.2枚)
2L5.6~8.0㎡(タタミ3.2〜4.8枚)
5L14~20㎡(タタミ8〜12枚)

色見本

色見本

うすめ方

うすめずそのまま塗ってください。

乾燥時間

夏期/30分〜1時間 冬期/2~3時間

塗り重ね時間の目安
夏期/2時間以上 冬期/6時間以上

製品紹介動画

用具の手入れ

使い終えたハケや用具は、塗料が乾かないうちに水かぬるま湯で洗ってください。

材質/成分


水性アクリルウレタンエマルション樹脂塗料

下地処理など

■他の塗料が塗装されている箇所には使用できません。
■同製品で塗り替える場合は、表面の汚れ・ホコリを水洗し、充分に乾燥させてから塗って下さい。
■カビがはえている所はカビトリ剤でカビをとってから水洗し、充分に乾燥させてから塗って下さい。
■藻(モ)、コケがはえている所は、水をかけながらタワシ等で取り除き、充分に乾燥させてから塗って下さい。
■エフロが発生している所は、エフロ洗浄剤で取り除いて水洗し、充分に乾燥させてから塗って下さい。
■モルタル・セメント系補修材で補修した部分や新しいコンクリートやモルタル面に塗る場合は、補修・施工後1ヶ月以上経ってから行って下さい。

最適な塗装用品

■広い面の塗装には、アサヒペンPC万能用ローラーバケ、PCスリム万能用ローラーバケ、アサヒペンペイントスプレーヤーが適しています。
■コーナーや1cm深さ以上のブロック目地部などローラーが届かない・塗りにくいところは、アサヒペンPC上級ニス・ステイン用ハケが適しています。

SDS(安全データシート)

Download

※掲載製品は、予告なく製品の仕様・デザイン等を変更することがありますので、ご了承ください。

pagetop